読書の楽しさ

大学生になるまではほとんど小説なんて読まなかったんだけれど、文学部という学部に進んだせいか、
1年くらい前から本を読みあさっています。
スタイルは乱読。純文学も読みますし、ミステリー、恋愛、ラノベまで読みます。

個人的にはミステリーが好きなんですけどね。


でも一般教養として純文学で有名どころの人はひと通り読んでおきたいと思いっています。
国内作家でいうと芥川龍之介、三島由紀夫、坂口安吾、太宰治、安部公房あたり。

海外ではスタンダールやヘッセ、ドストエフスキー、ゲーテあたりは恩師にも勧められたので代表作くらいは読んでおこうと。
でも古典と言われている小説は読むのに時間がかかりますね!


多少今とは言葉遣いが違うところもありますし。

でも後に残るものもすっごく大きいと思うので、楽しみながら読みたいと思っています。

PR:海外FX業者のランキングサイトで為替の勉強をするのもオススメ。