横山光輝の歴史漫画

歴史物ってのはテレビドラマでも人気あるし、小説でも漫画でも名作が存在するジャンルであります。


その中でも漫画ってのは全世代が見れるし、多くの作品が出ているので非常にオススメ。
ストーリー自体は魅力的なのが確定しているわけですから、後は作者のオリジナルティでどう盛り上げてくるかというのが焦点になるかと思います。

んで、誰もが認める歴史漫画の大御所というのが横山光輝先生。
この人の三国志や史記、水滸伝などを読んで中国史に興味をもった人というのはもう数えきれないほどいるでしょう。
それほどエンターテイメントよりではない作品なのですが、非常に人生の勉強にもなる含蓄が大いに散りばめられています。

この諺はこの時代にこういう事があったから作られたんだなぁ、とか。
中国の歴史時代が非常に面白いので、多少読みにくさはありますがすいすい読むことが出来ます。
小説から入るよりはとっつきやすいのではないかと。

三国志とかは80巻くらいコミックスででちゃっていますが、今は文庫版があるのでそれを読むのがいいですね。
2巻分が大体一冊程度の感じになってるのでお値段的にもお得。

時代に左右されない作品ですので、自分が読んで子の代、孫の代まで読み続けられる作品ですね。